· 

師走!2018年腰痛ピーク月間です

いよいよ2018年も最後の月となりました。

例年より暖かいですね。

木枯らしもまだとか・・・?

 

さて、それでも現代病ともいえる腰痛は関係なく襲ってきます。

これから忘年会や仕事も大詰め。

プライベート行事も多忙となれば。

休まる時間もなく体はどんどん疲弊していきます。

 

朝起きたら腰が!

 

急に脚に痺れが!

 

それってピンポイントで自分だ!と感じてる方も。。。

でも、他覚的に言えば感じていない体の疲労が限界を超えてしまった状態です。

 

痺れには痺れへの対応。

特に神経症状は肉体疲労だけでなく。

心因面での疲労にも大きく影響を受け。

更に、神経へのダメージが伴っているケースも多く。

 

通常の痛みや凝り・ハリよりも症状の緩和に時間を要します。

 

痛みへのプロセスを無視して時間がないから早く治して!

なんて、希望は十分に分かっておりますが。

整体に行く時間もない。

病院に通っている時間もないという方は。

 

てっとり早く、注射打って神経ブロックした方が早いですね。

もちろん、症状が治まっているのは短期間かもしれませんが。

お悩みからはひとます解放されます。

 

また、症状にもムラがあるのも特徴です。

痺れていてもなんとか動けてしまう。

でも、ふとした瞬間に症状が強く出ている。

これって個人的な感覚に大きく左右されるので、

何ともいえないのですが、

 

あくまで個人的な経験則から言えば、

一番、この手タイプが治らない感じですね。

手術になる前にどうにか出来るかもしれません。

 

自分の体と向き合う時間。

一緒に考えてみませんか?