· 

改めて骨格の歪みにフォーカスしてみる

最近、また骨格の歪みと言うワードでオーダーを受ける機会が増えてきました。

 

例えば、不妊温活・自律神経・痩身・痛み・凝りなど様々ですね。

やっぱり根幹となる体の構造自体は変わりませんから。

多かれ少なかれ、体の歪みは不変的なものなんだと思います。

 

何でもかんでも真っ直ぐな状態が良いわけではなく。

必然的に歪んでいくものもあり。

それが、個人レベルに応じて適応不適応が存在するとなると。

その解釈自体に正しい回答自体を導き出せるか?

 

少々、懐疑的になりますね。

 

身動整体による骨格の歪みへのアプローチを簡潔示せば、

動的な安定を導き出す事。

よくあるbefore→afterの静的な写真ではなくね。

 

やはり、これが骨格矯正における第一選択肢だという自負は

未だにブレないんですよ。

 

金子