· 

顎 口の開け難さと首の歪み


顎関節症と言われる症状があります。

顎の開口障害、痛み、クラッキング(音)

音も開ける時か?閉じる時かで?

顎の状態もまた違うのがやっかいなんですね。

 

また、関節を構成する下顎と上顎との間に関節円板という

軟骨組織も介在し。

この軟骨の変性度合いも顎の問題に関与いている場合が

度々あります。

 

しかし、歯科や口腔外科の領域では顎を主体にしていきますが

整体は全身の歪みから顎の焦点を考える取り組み方です。

例えば、開口に伴う頸椎の縦列はどうか?

回旋と傾き、時に関節間のスタックが因果関係としてないか?

 

首に関連すれば、下の胸部、腰部、骨盤を介して

左右に分岐する脚のアライメントはどうか?

頸部においては、分岐する筋肉の連動として

舌骨(のどぼとけ)のあたりを境にして付着部を変えていく

筋肉、また上肢帯と言われる鎖骨・肩甲骨の関係。

肩甲骨から上腕に連結する肩関節の可動など。

 

しかし、これでも完璧はなく。

実際には全く歯が立たない様な症例もあるんですね。

これは、長期間の歯科治療による研磨。

抜歯後の不正列。

インプラント、入れ歯。

関節構造の病理問題(加齢)

外科治療による切除など

・・・etc

 

正直、当店では手の施しようがないタイプのお客様もおりますが

しっかり回復していくお客様もいらっしゃいます。

その判別は実際に対峙してみないとわかりませんが、

うちの取り組み方に共感頂けるようでしたら、

是非、一度ご来店ください。



ブログランキング参加中です(^◇^)

↓↓↓↓↓


良かったら下記バナーをポチッとクリックお願いします


にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

かたひら整体院

月~木10時~20時/金・土・祝18時
毎週月曜定休日/臨時休業あり

044-986-4984 (完全予約制)
施術はこちら

メール予約はこちら>>

神奈川県川崎市麻生区片平3-1-6 1F

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆