· 

女性に多い腱鞘炎


産後や閉経以降の女性に好発する腱鞘炎に女性ホルモンの影響が

関わっている事をご存知でしょうか?


女性ホルモンはエストロゲン、プロゲステロンの2つがあります。

産後、子宮や骨盤を元に戻すための収縮作用を起こします。

この収縮が靭帯や腱に作用する。

これが、直接的な関わりがなくても他の腱鞘を狭める結果となり。

過剰にストレスが掛かる部位においては摩擦が生じ。

それにより炎症反応が生まれる。

特に手首などに好発。

これがプロゲステロンによる腱鞘炎です(産後の腱鞘炎)


また、閉経期を迎えた50代女性は更年期に入ります。

更年期は、もう一つの女性ホルモンであるエストロゲンが減少させます。

このエストロゲンには腱や腱鞘をやわらかくし、

弾力を保つ働きがあります。

このため閉経によりエストロゲンが減少し、

腱や腱鞘の柔軟性がなくなる事で摩擦が起こりやすくなり、

腱鞘炎を患いやすくなるといわれるのです。


女性は男性に比べ腱鞘の耐久性が弱いという側面も

男女差として腱鞘炎が女性に多い理由の一つとも言えますね。


新着記事のカテゴリー

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

かたひら整体院

月~木10時~20時/金・土・祝18時

毎週月曜定休日/臨時休業あり

tel 044-986-4984 (完全予約制)

http://www.sindo-seitai.com/

http://www.katahira-seitai.com/

メール予約はこちら>>

神奈川県川崎市麻生区片平3-1-6 1F

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆