· 

蝶形骨アプローチ 講座の動画

頭蓋骨の側面にある部分ですね。

この付近接触は筋肉も薄いので、

コンタクトは柔らかく。

構造的なイメージが分かれば、

タオル厚めにするとよいかもしれません。

ちょっと音声が小さいかもしれませんが、

お使いの端末で上手く調整してくださいね。


☆講師☆