· 

更年期症状とリフレクソロジー

更年期障害の症状としては、急に顔がほてったり、

イライラして落ち着かなくなったりすることがあります。

この症状は、女性ホルモンのバランスが崩れたり、

ホルモンの分泌が低下することで起こります。


昔は40代後半から50代にかけて起こっていましたが

最近は食生活や仕事等でのストレスによって、若年化が

進んでいるようですね。


女性ホルモンは、排卵等の生理機能だけでなく、女性的な

体の形成や新陳代謝、感情のコントロールなどの様々な機能に

関わっているため、ホルモンバランスの不調は女性の肉体面だけ

ではなく精神面にも大きな影響を与えます。


リフレクソロジーでも、更年期症状の改善にたいして有効な

反射区があるので試してみてください。


・子宮、生殖腺・卵巣の反射区

 卵巣による女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進し

 女性の生理機能の改善を図ります。


・脳下垂体、視床下部の反射区

 この部位を刺激する事によってホルモン分泌のバランスを

 整えて体の不調を回復させます。


・腎臓、副腎の反射区

 女性の生理機能を含めて体全体の代謝を良くし、体を

 健康に保ちます。