· 

骨格矯正には絶妙な力加減がある

大雪で雪かき大変でしたね。

私も、かなり鍛えられてます。

普段使ってない筋肉とか、

動作やストレスが掛かるポイントなど・・・

人はこうやってエラーをお越していくんだと

身を以て学べ直せましたよ。

 

さて、今日は骨格矯正と題して。

絶妙と言う解釈を用いましたが、

人によっての適圧と言う要素がある。

 

矯正の本来の目的は

運動機能(関節動作)や関連の筋組織などを円滑に

させること。

 

また、脊柱矯正に関しては

その神経機能を活性化させ回帰させること。

 

ボキボキするテクニック。

ストレッチ的なテクニック。

なんか、持続的に弱い浸透テクニック。

・・・etc

 

いろいろありますが、

どれが悪いとかではない。

状況に応じて使い分ける事。

 

特に抵抗的なイメージを抱かれやすい

ボキボキ系のテクニックですが、

私は否定的ではなく。

 

案外と得手としているが、

最近、余り使わなくなっている。

 

結論的にはその人の好みで

使い分けができ。

結果にいち早く結びつくセオリー。

 

その構築手段がとても大事なんだと思う。