· 

呼吸と身体のリズムと整体

大まかに3つの呼吸パターンがある事をご存じでしょうか?

 

◎上下の呼吸

これは痛みを呼び起こす呼吸パターンと言われる。

 

◎左右の呼吸

身体運動に適した呼吸パターン。

 

◎前後の呼吸
身体をリラックスさせる呼吸パターン。

 

大雑把に3つの呼吸パターンを書いてみましたが、

この中で、一番よくない呼吸リズムが

上下の呼吸と言われるパターンです。

 

微細な身体感覚ではあるが、

呼吸運動中にいつも肩が挙がってしまうような

しぐさをしながら呼吸をしている状態です。

 

これは、姿勢的な方向からお話しすると

円背(猫背)、そして胸郭が閉こんでくることで

腹部圧迫、結果的に内臓の圧迫状態が強いられる。

 

胃腸の働きは減退し。

表情や血色等がすぐれない様な印象や活力に乏しい。

無気力な印象が伺える。

また、いつもイライラしたような。

交感神経優位な状態に陥ってしまう(感情的な起伏が激しい)

 

よく言われるストレスホルモンとよ呼ばれる分泌が過剰状態

になります。

 

よく言われる。

不良姿勢⇒上下呼吸⇒首肩こり⇒交感神経優位⇒精神疲労の

ネガティブな循環形成が出来上がる。

 

そこで、こんなマイナス環境の上下呼吸を

改善するセルフ整体を一つ紹介したい。

 

【方法】

①肘掛け椅子に深く座る。

 

②肘掛けに前腕部を乗せる

 

③リラックスした姿勢で吸気(息を鼻から吸う)

 この時に前腕部は肘掛けに押し付けるようにする。

 

④吸気が終わったら全身の力を抜いて口から

 ゆっくり呼気(息を吐く)

 

1日1回5分程度行えると良いと思います。

吸気呼気は大体15秒~20秒くらいゆっくり大きく長くできると

理想。ただし、個人差があるので苦しくないくらいの気楽さで

行えることがベストです。

 

是非、お試しください。